HOME >> 商品一覧 >> "鯨と足首座" の劇団員(若者)

eerie-eery, オブジェ

"鯨と足首座" の劇団員(若者)

販売価格:12,960円

この商品は只今、品切れです
在庫切れ商品をご希望のお客様は、下記よりお問い合わせ下さい。再入荷の予定等をお伝えいたします。
お問い合わせ ※なお、一点物の商品など、
一部入荷されない商品もございます。
  • eerie-eery,イーリーイーリィ,人形,"鯨と足首座" の劇団員(若者),ドール写真1

※小さい画像にマウスを乗せると拡大、クリックすると更に拡大表示します。

▲このページの最上段へ

子供の頃、怖いと感じたこと、好奇心を抑えずにはいられなかった記憶などをテーマに


アクセサリーやオブジェ、洋服の製作、イラストやパフォーマンスなど、


幅広いジャンルに渡って表現活動を展開するアーティスト eerie-eery(イーリー・イーリィ)。





eerieによる立体作品、不気味で少しファニーな顔の無い人形たちは、



作家自身の分身であるかのように物言わず静かに佇んでいます。








架空の劇団 "鯨と足首座" を舞台にした物語の登場人物を立体化した連作のひとつ。


劇団員のひとり「若者」のお人形。






鳥のような頭部「若者の顔」は被り物になっており、取り外しが可能。


取り外すとeerie-eeryの特徴である顔の無いお人形となります。


また別売りの他の劇団員の顔と取り替えが出来るようになっています。



全高:約16㎝。


奥行き:約12㎝(足先からお尻まで)


石粉粘土 布地 レース 藁








"鯨と足首座" の劇団員「若者の話」


劇団に入ることをゆるされたのはたったの四人で、


若者、病人、囚人、令嬢といった接点のないばらばらの身分の者達だった。


支配人は四人を集めるとこう言った。


「貴方達はこれからこの劇団の劇団員になるにあたり自分の顔を捨ててもらうことになる。


よって今から貴方達の首をこの斧で落とします。」


四人は驚いて顔を見合わせた。


支配人はさらに続けた。








「頭を切り落とすのには理由があります。


そして貴方達を選んだことにもそれに深く結び付く理由があります。


ここにいる皆さんは己の境遇に何かしらの不満を抱いている。


そこで自分の顔を捨て、新しい顔を被り、新しい自分として生きてみては如何だろうかと思うのです。


貴方達は役者になることを望んでここに来たはずです。


ならば演じねばなりません。日頃から己でない何者かを演じればよいのです


ただそれだけのことです。


そうすればもう誰の目を気にすることもなく生きられるでしょう。」


四人はまた顔を見合わるとゆっくりと頷いた。


「では、そこの木枠に首を置いて下さい。さあさあ。」


四人の足元にはいつのまにか首を置けるように半月型にくり抜かれた木枠が用意されていた。


四人は言われるがままに並べられた木枠に首を置き寝そべった。


「では。」


支配人は斧を高く振り上げるとまず若者の首を落とした。


続いて病人、囚人、令嬢と手際よく落としていった。


その作業はあっという間であった。


四人は頭と体がばらばらになり、前が見えないといった風に頭を探してうろうろし始めた。


「では皆さん、それぞれ好きな頭を選んで被って下さい。それが今日からの貴方の顔です。」


四人はそれぞれに顔を選び被った。







若者は死にたいと思っていた。


何をするにも楽しくなくやりたいことも見つからず日々絶望していた。


周りの人達ともうまくいかないのもあり仕事も長続きせず路頭に迷っていた。


自殺も何度も試みた。しかしどれも未遂に終わった。


それもそのはずであった。死ぬ気なんて無かったのである。


若者は意図せぬようにしながらもどこかでまだ生に甘えていた。


死ぬことはとても力がいる。若者の体は生きようとしていた。


若者は毎日酒に溺れて気を紛らわしていた。何とか一日をやり過ごすので精一杯であった。


このまま気付いたら死んでいたなんでことにならないだろうかとぼんやり考え酒を舐めた。


ある日、街をうろうろしながらかき集めた金で酒を買いに酒屋に向かっている途中、


公演の最中の支配人に出会った。


雷に打たれた様な気持ちだった。


若者にとってその出会いは衝撃的なものであった。


若者は酒屋へは行かず弟子になることを決めた。


若者は病人の顔を選んだ。



(元々死にたかったのだ。丁度いいのではないか。


もしまた死にたくなったらこの顔の病に甘えればいい。


それにわたしはここで生きていくことを決めたのだ。


わたしはまだ若い。今はまだ演じて、死は擬似的に味わえばいいのだ。)








しかし病人の顔に宿った病気は若者にも容赦はしなかった。


被ってから間もなく若者の首は腫れ始め体をも蝕み始めた。


若者はあまりに速い反応にパニックになっていた。


(こんなに速いなんて、まさか、こんなはずではなかった!


このままでは死んでしまう!いやだ死にたくない!)


若者は痛みにのたうちまわった。


あんなにも望んだはずの優しい死に裏切られたような気持ちになった。


若者は生に希望を見てしまったのである。


それは死を迎入れた今となっては残酷なことであった。


世界で一人きりになってしまったような寂しい気持ちが若者を襲った。


涙がとまらなかった。


世界はこんなにも美しく、こんなにも愛おしかったのだと若者は気付いた。







▲このページの最上段へ

関連アイテム

「数字」3

「数字」3

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

24,840

"鯨と足首座" の劇団員(病人)

"鯨と足首座" の劇団員(病人)

eerie-eery, オブジェ

16,200

「魂の容れ物達」(うら若き乙女)

「魂の容れ物達」(うら若き乙女)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

「鍵」

「鍵」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

41,040

「空気採集」

「空気採集」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

43,200

「継続装置を背負った鰐」

「継続装置を背負った鰐」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

32,400

「血液合成機と子宮」

「血液合成機と子宮」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

22,000

娼婦

娼婦

eerie-eery, その他の小物

13,371

てるてるきのこ(おかあさん)

てるてるきのこ(おかあさん)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

27,000

「魂の容れ物達」(音楽家)

「魂の容れ物達」(音楽家)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

てるてるきのこ(おとうさん)

てるてるきのこ(おとうさん)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

27,000

「タイムマシンバス」

「タイムマシンバス」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

38,880

「魂の容れ物達」(子供)

「魂の容れ物達」(子供)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

「ぺしし」(グリーン)

「ぺしし」(グリーン)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

16,200

『鯨と足首座の支配人』

『鯨と足首座の支配人』

eerie-eery, オブジェ

29,160

▲このページの最上段へ

名古屋大須のアクセサリーショップ -Sipka- 公式ホームページ 名古屋大須のアクセサリーショップ -Sipka- 公式ブログ

商品を探す

SipkaOnlineShopについて

SipkaOnlineShop

〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
Tel/Fax 052-231-7774

店舗運営責任者:西川弘次


Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774