HOME >> 商品一覧 >> "鯨と足首座" の劇団員(令嬢)

eerie-eery, オブジェ

"鯨と足首座" の劇団員(令嬢)

販売価格:16,200円

この商品は只今、品切れです
在庫切れ商品をご希望のお客様は、下記よりお問い合わせ下さい。再入荷の予定等をお伝えいたします。
お問い合わせ ※なお、一点物の商品など、
一部入荷されない商品もございます。

※小さい画像にマウスを乗せると拡大、クリックすると更に拡大表示します。

▲このページの最上段へ

子供の頃、怖いと感じたこと、好奇心を抑えずにはいられなかった記憶などをテーマに


アクセサリーやオブジェ、洋服の製作、イラストやパフォーマンスなど、


幅広いジャンルに渡って表現活動を展開するアーティスト eerie-eery(イーリー・イーリィ)。





eerieによる立体作品、不気味で少しファニーな顔の無い人形たちは、



作家自身の分身であるかのように物言わず静かに佇んでいます。









架空の劇団 "鯨と足首座" を舞台にした物語の登場人物を立体化した連作のひとつ。


劇団員のひとり「令嬢」のお人形。


鳥のような頭部「令嬢の顔」は被り物になっており、取り外しが可能。


取り外すとeerie-eeryの特徴である顔の無いお人形となります。


また別売りの他の劇団員の顔と取り替えが出来るようになっています。



全高:約16㎝。


奥行き:約13㎝(頭頂部からお尻まで)


石粉粘土 布地 レース 藁







"鯨と足首座" の劇団員「令嬢の話」


劇団に入ることをゆるされたのはたったの四人で、


若者、病人、囚人、令嬢といった接点のないばらばらの身分の者達だった。


支配人は四人を集めるとこう言った。


「貴方達はこれからこの劇団の劇団員になるにあたり自分の顔を捨ててもらうことになる。


よって今から貴方達の首をこの斧で落とします。」


四人は驚いて顔を見合わせた。


支配人はさらに続けた。






 

「頭を切り落とすのには理由があります。


そして貴方達を選んだことにもそれに深く結び付く理由があります。


ここにいる皆さんは己の境遇に何かしらの不満を抱いている。


そこで自分の顔を捨て、新しい顔を被り、新しい自分として生きてみては如何だろうかと思うのです。


貴方達は役者になることを望んでここに来たはずです。


ならば演じねばなりません。日頃から己でない何者かを演じればよいのです


ただそれだけのことです。


そうすればもう誰の目を気にすることもなく生きられるでしょう。」


四人はまた顔を見合わるとゆっくりと頷いた。


「では、そこの木枠に首を置いて下さい。さあさあ。」


四人の足元にはいつのまにか首を置けるように半月型にくり抜かれた木枠が用意されていた。


四人は言われるがままに並べられた木枠に首を置き寝そべった。


「では。」


支配人は斧を高く振り上げるとまず若者の首を落とした。


続いて病人、囚人、令嬢と手際よく落としていった。


その作業はあっという間であった。


四人は頭と体がばらばらになり、前が見えないといった風に頭を探してうろうろし始めた。


「では皆さん、それぞれ好きな頭を選んで被って下さい。それが今日からの貴方の顔です。」


四人はそれぞれに顔を選び被った。








令嬢は裕福な家系に生まれ何不自由無く過ごしていた。


生まれた時から両親と数名のお手伝いに沢山の愛情を注がれ大切に大切に育てられた。


欲しいものは何でも手に入りそれが当たり前の生活を送っていた。


ある日令嬢の元に縁談が舞い込んだ。


令嬢の父が仕事の関係で娘の縁談を纏めてきたのである。


相手は資産家の好青年であった。令嬢はお断りしたいと父に告げた。


しかし父は娘の話は聞かず着実にこの縁談を進めていた。


状況に悲観した令嬢はついに家を飛び出した。


実は令嬢には想い人がいたのである。





 
 


令嬢は生まれてこのかた殆ど屋敷から出ることがなく一日の大半を屋敷の中で過ごしていた。


勉強やピアノの時間には先生が来てくれるので令嬢は屋敷内の部屋を移動するくらいであった。


何不自由無く幸せに暮らしながらも令嬢の世界はとても狭かったのである。


しかしそんな令嬢に外の世界を知る機会が訪れるのである。


それは令嬢の家の煙突掃除をしに来ていた青年との出会いであった。


令嬢がピアノのレッスンをしていた時の事である。


課題曲の楽譜が一枚抜けており、令嬢も先生も手元の楽譜を一枚ずつ確認した。


しかし何度探しても見当たらなかった。


「昨晩椅子で復習していた時に落としてしまったのかしら。ちょっと部屋に探しに行ってきます。」


令嬢は楽譜を探しに自身の部屋へと向かった。


「!」


部屋に入った令嬢は驚いた。なんと部屋に見知らぬ男がいたのである。


しかも体中真っ黒であった。


「すみません、掃除の者です。お嬢様がいらっしゃらない間にということで


掃除をさせて頂いていたのですが、今すぐに片付けて失礼します。」


男は暖炉の脇に置かれた道具を片付け始めた。


「ああ、掃除の方でしたの。続けて下さって結構です。」


令嬢がそう声をかけると男は頭を下げて決まりが悪そうに微笑んだ。


すすだらけの顔から白い歯が覗いたのが愛らしかった。


自分の住む世界とは全く別次元の者の突然の訪問に令嬢は何だかわくわくしていた。


それから何度かその男は屋敷の掃除に来ていた。


令嬢はそれを心待ちにしていた。


男が掃除している所を部屋の入口からこっそり覗いたり、


声をかけては隠れ、男が不思議そうに声の主を探しているのを楽しんだ。


やがて二人は両親やお手伝いの目を盗んで一言二言ではあるが少しずつ会話をするようになった。


ある時、男が令嬢のネックレスをとても似合っていると褒めると


令嬢はそのネックレスしか着けなくなった。


またある時、男が令嬢のドレスをとても似合っていると褒めると


令嬢はそのドレスばかり着るようになった。


勉強の時間、狙った様に丁度勉強部屋から見える庭を男が掃除していた時があり、


窓越しにお互い小さく手を振り合った事は令嬢の中でとても大切な思い出になった。


ほんの些細なことでしかないけれど、この男とのやりとりが令嬢にはとても幸せに感じた。


令嬢は男に恋をしていた。




 



しかしある時をさかいに男は屋敷に来なくなった。


男を雇う期間が終わったのである。


令嬢は両親やお手伝いにまた男に掃除に来て貰うように頼んだ。


しかしそんな令嬢の様子をみて両親はよりその要求を拒んだ。


令嬢は富裕層の家系のお嬢様であり、掃除屋などと恋に落ちる事は許されないのだ。


そしてそんな事態を防ぐためにもと父が考えたのは令嬢に良い縁談を持ってくる事であった。


令嬢が毎回全力で断るにも関わらず縁談は着実に進んでいった。


それと同時に月日も過ぎていった。


しかし令嬢が男の事を忘れる事はなかった。


来る日も来る日も令嬢は男を想い泣き明かした。


令嬢の世界は最早色を失っていた。


そしてある日とうとう令嬢は決意した。


男に会うためこっそり屋敷を抜け出し街に出る事にしたのである。


(パパやママは大好きだし大切に育てて貰った事にはとても感謝してる。


でも私は好きでない人と一緒になることはできない。


わたしには好きな人がいるの。パパ、ママ、ごめんなさい。)


霧の深い冬の日の明け方の事。令嬢は屋敷を抜け出した。
 

緊張で心臓がばくばくしていて今にもはちきれそうだった。


普段運動をしない令嬢はほんの少し走るだけで息が上がった。


屋敷を出たら誰も守ってくれない。勝手もわからない。


しかし令嬢の中ではこれから待ち受けている不安よりも男への想いが遥かに大きかった。


会いたいという気持ちだけを原動力にひたすら走った。
 

日がすっかり昇った頃、令嬢は街に辿り着いた。街は既に活気に溢れていた。


人混みの流れに押し流されて令嬢は路地裏へ追いやられた。


(こんなところであの方を探し出すのはなかなかに大変だわ。


それにしても何故こんなに忙しないのかしら。みんな何をそんなに急いでいるの。)


令嬢が一息ついていると、目の前を一人の男が通り掛かった。


朦朧とした表情で頬は痩せこけて服も汚れており足には鎖がついていた。


令嬢はこの男を汚いし化け物のようで恐ろしいと思い


視界から外れていくのを見送ったが何故だかどうしても気になった。


(似ている。)


そう思ったのだ。


高鳴る鼓動を押さえながら、知らず知らずのうちに令嬢はその男の後をつけていた。


男のたどり着いた先には妙な芝居をする 一人の男がいた。


支配人である。


男は立ち止まってまっすぐに芝居を見ていた。


令嬢はその眼差しの中に一瞬だけ懐かしいあの人の表情を見た気がした。









令嬢は足元に転がった囚人の頭を被った。


その瞬間令嬢の予感は確信に変わった。


(あの方だ。間違いなくこの首は私が愛したあの方だ。やっと会えた。)


令嬢は静かに泣き崩れた。


令嬢は愛した相手ととうとう一緒になることが出来たのだ。


「貴方に見つけてもらうために貴方が褒めてくれたネックレスとドレスで来たの。


貴方は忘れてしまったかもしれないけれど。」


令嬢は男にゆっくり語りかけた。


真っ白になっていた世界に色が甦る。


「あのね。私、貴方が好き。」


男は優しく令嬢を抱きしめた。





▲このページの最上段へ

関連アイテム

「数字」9

「数字」9

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

25,920

『骨を鳴らす者達(ドラ)』

『骨を鳴らす者達(ドラ)』

eerie-eery, オブジェ

34,560

「船出を祝福する風」(ブルー)

「船出を祝福する風」(ブルー)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 子供と魔法展〜はじまり

21,600

「数字」1

「数字」1

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

25,920

「生成風車」

「生成風車」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

51,840

「最終処理邂逅機」

「最終処理邂逅機」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

40,000

White Swan

White Swan

eerie-eery, オブジェ

21,600

インキュファルム マーマーレード型

インキュファルム マーマーレード型

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

21,600

「継続装置を背負った鰐」

「継続装置を背負った鰐」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

32,400

『人形になりたかった少女』

『人形になりたかった少女』

eerie-eery, オブジェ

19,440

「数字」3

「数字」3

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

24,840

『鯨と足首座の支配人』

『鯨と足首座の支配人』

eerie-eery, オブジェ

29,160

インキュファルム 椿型

インキュファルム 椿型

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

19,440

「儀式を背負う者達(スイッチの確認)」

「儀式を背負う者達(スイッチの確認)」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

43,200

「影を吸い込む儀式」

「影を吸い込む儀式」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

39,960

▲このページの最上段へ


Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774