HOME >> 商品一覧 >> 「金魚達の深海」

植田明志, オブジェ

「金魚達の深海」

販売価格:32,914円

この商品は只今、品切れです
在庫切れ商品をご希望のお客様は、下記よりお問い合わせ下さい。再入荷の予定等をお伝えいたします。
お問い合わせ ※なお、一点物の商品など、
一部入荷されない商品もございます。
  • 植田明志,akishiueda,オブジェ,sculpture,写真1

※小さい画像にマウスを乗せると拡大、クリックすると更に拡大表示します。

▲このページの最上段へ

「記憶」を媒体とした空間造形から、


ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する造形作家 植田明志。


無音のような静けさと、理想的な深層心理の核心を探求する、


その作品世界は見る者の心に深い余韻を残します。







"砂場の宝物" と題された連作のシリーズ。


「金魚達の深海」と題されたオブジェ作品。


石粉粘土をベースに、ラインストーン等の異素材を用いた意欲作です。








三日月のようなデザインの頭部に古代遺跡の石版のような意匠が施された尻尾。


尻尾部分は360度回転します。


絵本のようなファンタジックな空気を纏った植田明志ならではの作品です。







高さ:約23㎝。(台座下部から真鍮線上部まで)


台座:約18㎝ × 12㎝。


使用素材 : 石粉粘土、ガラス玊、ラインストーン、真鍮線。











「砂場の宝石」


公園の砂場の魔法を、もうほとんどの人が知らないのです。


カラフルに塗装された鉄のブランコは、羽化する残暑の蝉のようにぺりぺりと塗装が剥がれていました。


世界の終わりのような炎がブランコを照らす頃、長くなったブランコの影は砂場へと想いを馳せます。










その影はもう影でなくなったかのように儚げでした。


長い影がさらにさらに長くなり砂場を通りすぎると、


世界がトワイライトを惜しみながら深い青になっていきます。


すると、砂場の住人の声がしました。


砂場の住人たちは、子供達の去る声を聞きながら、砂の中で眠っています。


砂場の住人たちは、子供達の会話を思い出しています。


そして、砂場に作られた公園のちっぽけなお城の執事になったりしました。










あの子はねえ、ここが宝部屋と言っていたよ。あの子がね、ここが宝部屋だって。


ここに置いてある石は、机だって言ってたねえ。


そっちの穴は実験室だとも言っていたよ。


明日また来るんだって。


この城の周りにバケツで目一杯水を撒くんだって。


それじゃあここは、海になるよねえ。








そしたらね、その海はね、明日また夜になった時には、


お月様やお星様なんかをいっぱい水面に映すんだ。


きっととても深く見える。深海になるよねえ。


そしたらね、明日はね、僕ら、宇宙と一緒になるよね。


翡翠色になった空は、朝日を寂しそうに迎えました。











▲このページの最上段へ

関連アイテム

「原始太陽の少女」

「原始太陽の少女」

植田明志, 立体作品 オブジェ

81,000

「夢をみる公園」

「夢をみる公園」

植田明志, 立体作品 オブジェ

129,600

「ネコイシ様」

「ネコイシ様」

植田明志, 立体作品 オブジェ

32,400

トレモロバード(♀)

トレモロバード(♀)

植田明志, 立体作品 オブジェ

34,560

「よその怪獣」

「よその怪獣」

植田明志, 立体作品 オブジェ

97,200

「ホシノコ」A

「ホシノコ」A

植田明志, オブジェ

14,040

「スターメリー」

「スターメリー」

植田明志, オブジェ

91,800

「理科室の遠い惑星」

「理科室の遠い惑星」

植田明志, オブジェ

36,000

「歩くのをやめた夜」

「歩くのをやめた夜」

植田明志, 立体作品 オブジェ

86,400

「灰色の街のテイテイ図」

「灰色の街のテイテイ図」

植田明志, 平面作品

18,514

「star main」

「star main」

植田明志, 立体作品 オブジェ

410,400

「夜になった猫」

「夜になった猫」

植田明志, オブジェ

48,600

「スピカの歌」

「スピカの歌」

植田明志, オブジェ

129,600

「宇宙飛行史」

「宇宙飛行史」

植田明志, 平面作品

4,114

「怪獣少年の歌」

「怪獣少年の歌」

植田明志, 平面作品

4,114

▲このページの最上段へ


Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774