HOME >> 商品一覧 >> 『骨を鳴らす者達(ドラ)』

eerie-eery, オブジェ

『骨を鳴らす者達(ドラ)』

販売価格:34,560円

この商品は只今、品切れです
在庫切れ商品をご希望のお客様は、下記よりお問い合わせ下さい。再入荷の予定等をお伝えいたします。
お問い合わせ ※なお、一点物の商品など、
一部入荷されない商品もございます。
  • eerie-eery,イーリーイーリィ,骨を鳴らす者達 「ドラ」,ドール,人形写真1

※小さい画像にマウスを乗せると拡大、クリックすると更に拡大表示します。

▲このページの最上段へ

子供の頃、怖いと感じたこと、好奇心を抑えずにはいられなかった記憶などをテーマに


アクセサリーやオブジェ、洋服の製作、イラストやパフォーマンスなど、


幅広いジャンルに渡って表現活動を展開するアーティスト eerie-eery(イーリー・イーリィ)。


eerieによる立体作品、不気味で少しファニーな人形たちは、


作家自身の分身であるかのように物言わず静かに佇んでいます。












個展「追憶と眠りの国 ~眠りの為の回顧展~」用作品。


死の国[ アムニジア ]にひっそりと佇む歯科医院を舞台に繰り広げられる


追憶の物語と、その登場人物たちを人形で表現したシリーズ。


骨のような姿をした、アムニジアの番人のひとり「ドラ」の人形。











動物の頭骨の様な形の顔にローブを纏った身体。


口の中には人間の歯型が入れられています。



高さ:約19㎝。


奥行き:約17㎝。




※こちらの作品は個展「追憶と眠りの国 ~眠りの為の回顧展~」会期終了後


(2014年7月21日)以降の発送となります。


納期についてはご相談下さい。










「骨を鳴らす者達」


彼等は元々アムニジアの住民である。


彼等はアムニジアに住んでいながら生の国と死の国を行き来できる唯一の存在である。


彼等の存在はアムニジアに古くから言い伝えられてはいるが、


姿自体は同じくアムニジアで生まれ育ったアグリとパドマにしか見えない。










彼等は三人いるが名前は無く、アグリとパドマはそれぞれを


「グラ」「ドラ」「ザラ」と呼んでいる。


彼等は動物の頭骨の様な形の顔をしており、


そこには幾つか穴が空いていて音を鳴らす事がある。


その音は人が啜り泣く声の様であったり、金属が擦れ合う様な音であったり、


何か大きな物体が遠くでぶつかる様な音であったりと様々で、


今まで聞いたことの無い様な音であると言われている。









姿さえ見えないが、その音はアムニジアの住民も生の国の住民も聞くことが出来る。


(昔から幽霊の声ではないかとか終末音ではないかと言われている正体不明の音は


彼等の出している音である。)


また彼等が何故そんな音を出しているかという理由については分かっていない。









彼等は言葉を持たないが三人の中でそれぞれコミュニケーションをとることが出来る。


それ故優れた知能を持ち合わせていると考えられている。


彼等の活動としては、黒いマントを羽織り常に三人で行動している事が確認されているが、


はっきりとどんな役割を持って何をしているのかはわからない。


その様子から彼等はアムニジアの番人の様な存在なのではないかとも言われている。







▲このページの最上段へ

関連アイテム

「数字」6

「数字」6

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

25,920

『鱗を剥いだ魚』

『鱗を剥いだ魚』

eerie-eery, オブジェ

17,280

娼婦

娼婦

eerie-eery, その他の小物

13,371

鍵

eerie-eery, オブジェ

18,360

「魂の容れ物達」(子供)

「魂の容れ物達」(子供)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

「継続装置を背負った鰐」

「継続装置を背負った鰐」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

32,400

「魂の容れ物達」(音楽家)

「魂の容れ物達」(音楽家)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

「夜明けと夕暮れの繋ぎ目模型」

「夜明けと夕暮れの繋ぎ目模型」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

64,800

「手首のルシカ」

「手首のルシカ」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

37,800

"鯨と足首座" の劇団員(若者)

"鯨と足首座" の劇団員(若者)

eerie-eery, オブジェ

12,960

"鯨と足首座" の劇団員(令嬢)

"鯨と足首座" の劇団員(令嬢)

eerie-eery, オブジェ

16,200

「数字」9

「数字」9

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

25,920

『体が燃えてしまう病気の男』

『体が燃えてしまう病気の男』

eerie-eery, オブジェ

15,120

「ずたぶくろさん」

「ずたぶくろさん」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

24,840

「最終処理邂逅機の心臓」

「最終処理邂逅機の心臓」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

15,000

▲このページの最上段へ


Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774