HOME >> 商品一覧 >> 「手首のルシカ」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

「手首のルシカ」

販売価格:37,800円

この商品は只今、品切れです
在庫切れ商品をご希望のお客様は、下記よりお問い合わせ下さい。再入荷の予定等をお伝えいたします。
お問い合わせ ※なお、一点物の商品など、
一部入荷されない商品もございます。
  • eerie-eery,手首のルシカ,オブジェ写真1

※小さい画像にマウスを乗せると拡大、クリックすると更に拡大表示します。

▲このページの最上段へ

子供の頃、怖いと感じたこと、好奇心を抑えずにはいられなかった記憶などをテーマに


アクセサリーやオブジェ、洋服の製作、イラストやパフォーマンスなど、


幅広いジャンルに渡って表現活動を展開するアーティスト eerie-eery(イーリー・イーリィ)。


eerieによる立体作品、不気味で少しファニーな人形たちは、


作家自身の分身であるかのように物言わず静かに佇んでいます。













個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」用作品。


「手首のルシカ」と題されたオブジェ作品。


実験施設 "アストマルシカ" と主人公である物書きに関わる


最後の物語を運んでくる存在です。












肉のあまりついていない無機質な質感の手は


球体関節人形の手を連想させます。


平置きにした場合は手の平の上に小さい人形や


アクセサリーなどの小物を置いて頂けます。


また壁掛けにした際には手首部分にネックレスなど


軽いものなら掛けて飾って頂く事が可能です。

















【 手首のルシカ 】


秘密を守る標本箱の中の鍵を開け、


書斎に入ると現れた手首の壁掛け。


私にこの実験施設の謎を教える為の最後の物語を渡してくれる。


















石粉粘土。樹脂粘土。アクリル彩色。


 縦:約24㎝。横:約416㎝。高さ:約12㎝。









※こちらの作品は個展「桃源の実験室 アストマルシカの記録」会期終了後


(2015年11月29日)以降のお送りとなります。


※こちらの作品はラッピング対象外となります。













「ルシカの手紙」


手首のルシカから渡された手紙の内容はこうだ。




『此処までよく辿り着いてくれましたね。ご苦労様でした。


この手紙を読んでいるという事は、


貴方は既にこの実験施設アストマルシカの正体に気付いていると言っても過言ではありません。




少し説明をしましょう。


私は命の生成と継続について様々な研究をしてきました。


そしてその途中である事に気が付いたのです。


生み出した機械達全てが何らかの係わり合いを持ち繋がってくる事。


何か一つだけでは無く沢山の材料が必要だという事。


そしてそれら全ての共通点は貴方だという事。


この実験室アストマルシカは貴方を形作る装置であり宇宙なのです。


貴方の命には沢山のものが係わっています。


貴方一人きりでは成り立ちませんでした。


沢山の材料が必要だったのです。




分かりやすく例えるならそうですね、


例えばクッキーを作る時、色んな材料が必要になります。


小麦粉、バター、玉子や砂糖等。


また形や味はどうでしょう。


丸や四角や星の形。ココア味、紅茶味と個性も出せます。


貴方の場合も同じです。


身体を作る材料や性格を作る材料。


骨や肉や歯や髪の毛。


好きな歌、好きな匂い、嫌いな食べ物、嫌いな色。


家族、友人、恋人。


様々な物が係わり合って貴方が出来上がるのです。





そしてそれは貴方が自覚出来る物事だけに留まりません。


貴方が全く関係無いと思っていた所の物事も係わっていたりするのです。


貴方は貴方という宇宙の中で、様々な星達と係わり合い生きているのです。


そしてそれは貴方がその一生を終えた後も続いていくのです。


この星が生まれ、今日までその命達が続いている様に』






手紙を読み終わり、余りにも壮大な話に私は呆然としてしまった。


なんと、命を作り上げ継続させる実験を行っていたアストマルシカは、


私を作り、そして世界へ繋げる装置であったのだ。


私は書斎から出て実験室の装置達をもう一度見て回った。


初めて訪れた見知らぬ施設であるのに、


何故か落ち着くと思っていたこの感情は間違いではなかったのだ。


空想の物語に出て来る様なアストマルシカの装置達は


まるで私の頭の中の世界であった。





執筆の際に使うペン先、子供の頃に庭で拾った石、


暗号や宝探しの様な今回の旅までも。


全て私を形作った私に纏わるものであったのだ。


私が存在する事でこのアストマルシカが成立する。


そして私もまた他の誰かのアストマルシカを作り上げる事に係わっているのだろう。


そうして私は私という体が死んだ後もこの星の一部として永遠に係わり続けるのだ。


それは今生きている全ての者達にも言える事である。


そして、読者である貴方にもきっと、


貴方だけのアストマルシカが存在しているはずだ。






銀河系の中のほんの小さな星の様に


途切れる事の無い命の連鎖の様に


全てを繋ぐ物語の中に私は生きている。


















▲このページの最上段へ

関連アイテム

「カウントスリー」

「カウントスリー」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

37,800

「魂の容れ物達」(仕事も結婚もやめた女)

「魂の容れ物達」(仕事も結婚もやめた女)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ, 魂の或る場所

16,200

てるてるきのこ(おかあさん)

てるてるきのこ(おかあさん)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

27,000

 インキュファルム 蝸牛頭型

インキュファルム 蝸牛頭型

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

17,280

「数字」3

「数字」3

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

24,840

「数字」1

「数字」1

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

25,920

「夜明けと夕暮れの繋ぎ目模型」

「夜明けと夕暮れの繋ぎ目模型」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

64,800

「ぺしし」(青羽根 ドット)

「ぺしし」(青羽根 ドット)

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

16,200

「儀式を背負う者達(落ち着く物の並び)」

「儀式を背負う者達(落ち着く物の並び)」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

41,040

『人形になりたかった少女』

『人形になりたかった少女』

eerie-eery, オブジェ

19,440

『嘴が伸びすぎた男』

『嘴が伸びすぎた男』

eerie-eery, オブジェ

14,040

インキュファルム マーマーレード型

インキュファルム マーマーレード型

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

21,600

「数字」10

「数字」10

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

24,840

踊り子

踊り子

eerie-eery, オブジェ

16,200

「最終処理邂逅機の心臓」

「最終処理邂逅機の心臓」

eerie-eery, 立体作品 オブジェ

15,000

▲このページの最上段へ


Sipka(シプカ) 愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F Tel/Fax 052-231-7774