0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「博物誌 d」

¥33,000 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
昆虫や植物、臓器などをモチーフに、


トロンプルイユ(騙し絵)のように観る者を惹きつける


クリエイションを展開する作家・斧原由季。










「立体標本」と題されたオブジェのシリーズ。



綿糸のカギ編みによって作られた昆虫の繭や蛹を思わせる造形が特徴的です。



蟻や蜂などの社会性昆虫のように、女王となる巨大な母体と、それを取り巻く個体で構成された世界



その物語を立体で表現した、斧原由季ならではの死生観を感じさせる作品です。












「この標本は物語の一部にすぎない。



  女王のもとに繁栄した巣が、崩壊していった物語。



  その巣を構成していた子供達の死骸が人知れず標本として残っている。」












綿糸、綿、帆布、木材、金属、ワイヤー。


縦:49㎝ × 横:33㎝。





※こちらの作品は個展「迷宮の羅針盤」会期終了後(2015年5月10日)


以降のお渡しとなります。







カテゴリ一覧

ページトップへ