0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「星の下の再会」

¥85,800 税込
カートに追加しました。
カートへ進む
「記憶」を媒体とした空間造形から、


ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する造形作家 植田明志(うえだあきし)。


無音のような静けさと、理想的な深層心理の核心を探求する、


その作品世界は見る者の心に深い余韻を残します。









「星の下の再会」と題された平面作品。


天使を拾いあげる"星だった子"と


空には巨大な"流星イカ" が描かれています。


植田明志の作品世界の広がりを感じさせる作品です。










"星だった子"は、どこかの世界にいる存在。


目は星のようで、光がしたたり泣いているように見えます。


いつも何かを探しているようで、いつも悲しげです。










キャンバス。油彩。


縦:約60cm。横:約53cm。



※こちらの作品は梱包準備の為、発送まで少々お時間を頂いております。


お届けの日時に関してご希望がございましたらご相談下さい。

カテゴリ一覧

ページトップへ