0
¥0

現在カート内に商品はございません。

「毒の海の庭師」

¥209,000 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
「記憶」を媒体とした空間造形から、


ある種のノスタルジーを感じさせる世界を表現する


造形作家 植田明志(うえだあきし)。


無音のような静けさと、理想的な深層心理の核心を探求する、


その作品世界は見る者の心に深い余韻を残します。









「毒の海の庭師」と題されたオブジェ作品。


天使が最後を迎える海の浜辺で、


植物の世話をする存在を表現した作品です。








お腹のポケットには本体である子どもが住んでいます。











コロネのような尻尾の先にはクリームのようなものが見えます。


地面の目は寂しげに上を見上げています。











小さな天使たちの死骸。


微生物に分解され、骨だけに。


この作品には全部で4つの死骸がありますが


地面の中にはもっと古い骨が沢山埋まっているかもしれません。













『毒の海の庭師』


「どうやら今日も、いくつかの天使が死んだみたい。


でも僕には関係ないね。だって僕は庭師だから。


死んだ天使は長い月日の中で分解され、骨になる。


分解された養分が、この花たちを育てている。


だから僕がすることとえば、花の数を数えたり、


新しいつぼみを触ってみたりすることくらいさ。


ここの花は全部捧げものなのさ。


死んでしまった無数の天使たちに、祈るためのものだよ。」













石粉粘土。パテ。造花。透明レジン。ドールアイ。


アクリル彩色。


台座部分: 約21cm × 約17cm(造花部分除く)


高さ:約25cm。




※こちらの作品は梱包準備の為、発送まで少々お時間を頂いております。


お届けの日時に関してご希望がございましたらご相談下さい。

カテゴリ一覧

ページトップへ