0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ドーントレス・スコーピオン

¥39,600 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
江島多規男による、"究極のシルバーアクセサリー。”


機械の身体に魂を宿したサイバー・ビーストたち。


金属のパーツを組み上げて作り上げられる蜘蛛や鮫、豹などに込められた


ハイディティールと目を見張るギミックは、身に着ける装飾品でありながら、


アート作品を想わせる佇まいを感じさせ、見る者を虜にします。












サイバー・ビーストの敵対勢力である「スチーム・モンスター」シリーズ。


「ドーントレス・スコーピオン」と名付けられた蠍型スチーム・モンスター。


バチカンの操作で、尻尾と毒針が自動変形します。










「ドーントレス・スコーピオン」の最大の特徴である自動変形機構。


ボディ後部のバチカンパーツを押すと毒針が上を向き


尻尾の上部から金色のブレードが出てきます。







そのままバチカンを押し込むと尻尾が前方に傾き、


ブレードで相手を突き、トドメを指す攻撃のイメージのアクションがお楽しみ頂けます。









可動オブジェとしてお楽しみ頂くのは勿論、


後部バチカンに付属のチェーンを通して、ペンダントとしての着用が可能です。









使用素材


真鍮パーツ×11。


ベリリウム銅×6。


真鍮リベット×6。


真鍮シャフト×4。


合成ルビー。







全長:約5.8㎝。


横幅:約5㎝。















【スチーム・モンスター】



人類が使い古した原子力発電の設備は、放射能の蔓延を避ける為、


南極大陸の地下10kmに設置されたシェルターへと廃棄された。


南極大陸の地下シェルターはフランスの領土に匹敵する広さを持ち、


次世代エネルギーが登場するまで有り余るほどの収容能力を有していた。




しかし、ほぼ無限と言っていいほどの収容能力を誇るが故に、


その廃棄物規定は、ほぼ無視され、いつしか原子力発電設備以外ににも


多種多様な廃棄物が貯蔵されるようになっていた。




そんなある日、人類が想像を絶する「ある科学変化」が起こった。













原子力発電設置を中心とした廃棄物の中で、一部のコンピューター設備が、


ある偶然の物理的衝突による組合せにより、知能を持ち始めたので有る。


それはある意味、太古の地球で最初の細胞が誕生した物に非常に近い物であった。


ただ1つ違うのは、それがコンピューターをベースとし人工知能に近い存在であり、


核分裂と言う強力なエネルギーを有していた事である。





その知能は原子力設備の中で急速に発展し、


ついに核エネルギーの蒸気機関をベースにした生命体として、


自分達を捨てた人類に復讐すべく、その邪悪な牙を剥き出して来たのである。


この、後に人類からスチーム・モンスターと呼ばれ、恐れられた生命体は、


有り余る核廃棄物から、巨大移動要塞を作り出し、やがて宇宙征服を企むようになるのである!






















カテゴリ一覧

ページトップへ